座骨神経痛の症状

座骨神経痛は、経験した人にしかわからないもの。

おしりから膝くらいまで、背中から腰まで、傷みが走ります。

座骨神経痛というと、腰痛のような印象がありますが、足や背中に痛みが走る人もいます。

坐骨神経痛の原因として考えられるのは、腰椎椎間板のヘルニアです。

神経が刺激されて、傷みが広がります。

神経が圧迫されたりすると、傷みを感じてしまうわけです。

座骨神経痛は、基本的には神経痛で痛みの症状をあらわすものの、原因を作っているのは何か他の疾患である可能性が高いので、ちょっとした痛みだと軽く見ないで、一度整形外科などへ出かけて、他に病気が原因になっていないか、調べるのは大切です。

足が痛くなると、横になって休む必要が出て、仕事や通学に支障が出てきます。

トイレに行っても用が足せないとか、歩くのが大変になるといった症状が出ることもあります。

痛みではなく、しびれのような症状が出ることもあります。

力が抜けて、足がぶるぶるしたりするのも、症状のひとつです。

Comments are closed.