名義人が他人でも不動産担保ローンの融資は受けられるか

不動産担保ローンの融資申込みは、他人名義の担保物件ではダメなのでしょうか。

名義人やその関連の良くある事例などを含めてお話ししておきます。

■他人名義の担保物件でも同意があれば可能。

東京であってもなくても、不動産担保ローンを組むのに名義人が誰であるかは問題ではありません。

大事なのは名義人がそれを了解し、必要書類を提出してくれるかです。

もちろん与信の過程で何かの不信があれば融資は打ち切られます。

そうしたことがない限り大丈夫です。

自分名義ではないので、知らないうちに抵当権が付いていたなど、予測できないことが起る可能性はあります。

■共同名義だったりすることもあるので注意を。

予測不能な事柄の事例に、不動産担保ローンの担保にしたかった東京の土地や家屋が、共同名義になっていたというケースもあります。

共同名義の場合は、その相手方の同意・提出書類も必要になります。

担保物件がお母様など親族の方なら確認が取りやすいですが、そうでない場合は時間がかかることもあります。

あらかじめその辺の状況を下調べしておきましょう。

■同意と必要書類の提出が終われば、不動産担保ローンの融資は実行されます。

融資直前の名義人のドタキャンも良くある話なのでご注意を。

東京に限らず、家や土地を担保にした融資の申込みにはプレッシャーがかかるものです。

名義人が自分ではない場合、融資の決済が下りる寸前で気が変わってキャンセルされることもあります。

前々からの説得と理解が何より大事です。