期限が切れたETCカードは処分しよう

前回は新しい期限のETCカードが届くタイミングについてと新旧カードの使い方等について説明しましたが、今回は期限切れになった(または期限切れ間近の)旧カードの処分方法や、どうして処分した方がいいのか、というお話しをしたいと思います。

bfe7acfbb2c295efc6fbc87d796b22d0_s

▼期限が切れた(間近の)クレジットカード、ETCカードはすぐに処分しよう

期限が切れたカードはもう使えないから大丈夫、と思っている方は意外に多いと思いますが、実は例え期限が切れていてもカードに記録されている情報は利用できるものなので、抜き取られて悪用されると思わぬ被害をこうむる事があります。ですので、期限が切れたカードだからと言って油断せずに適切な処理をして早急に廃棄するようにしましょう。

▼クレジットカード(ETCカード)の正しい処分方法

それでは、期限が切れたカードの処理はどのようにすればいいのでしょうか?以下に処分の方法とそうした方がいい理由を述べていきますので、参考にして下さいね。

①ハサミやシュレッダーで細かく切る(裁断する)

一番簡単な処分方法としてカードをハサミなどで出来るだけ細かく切って下さい。たまに半部や四分割程度に切り分けただけで捨てる人が居ますが、その程度の切り方では簡単に復元されてしまいます(分断されたカードでもテープ等で繋ぎ合わせて復元してしまえばデータを読み込む事は出来るようになります)ですので、復元が不可能になるまで切り刻んでしまいましょう。カード用のシュレッダーがあればそれを利用するのが確実です。

主に注意して分からないようにした方がいいのは以下の部分です。

会員番号/名前/有効期限/カード番号/セキュリティーコード
著名欄/磁気ストライプ/ICチップ

②磁気ストライプやICチップを壊す

カード本体の中でも特に注意しなければならないのはカードについている磁気ストライプやICチップです。これらはどれだけ細かく分断してもパーツが揃っていれば復元する事が可能で、データを読み取る事が出来てしまいます。ですので、この二ヶ所については切り刻むよりも削り取るようにしてください(カッター等で一部分を削るだけでも十分です)

③切ったカードは一度に捨てない(またはバラバラに分けて捨てる)

カード本体や磁気ストライプ、ICチップなど、主要な部分は全て切り刻んだからといって安心はできません。幾らバラバラにしたからと言っても拾い集めて復元されれば使われてしまう可能性があるからです。そういう危険性を回避する為にも、念のため一枚のカードを切り刻んだ場合は一度に同じ場所に捨てるのではなく、数回に分けて捨てるか、違う場所に分けて捨てるようにしましょう。そうすればパーツを全て集める事が難しくなり、安全性も高まります。

④明細書の処分も忘れずに!

カード本体のみならず、毎月送られてくる明細書にも個人情報は記載されています。こちらの処分も適当に済ませずにカードと同じようにきちんとした処理をした上で処分するようにしましょう。

何事も自衛が大切です。面倒だからと思わずに念には念を入れて確実に処理をしましょうね。