有効期限を確認してETCカードを安全・安心に使いましょう

これまでETCカードの有効期限や、エラーが出る場合の対処法のお話をしてきましたが、今回はその総まとめになります。ETCカードを使う際には有効期限の確認をして安全・安心に使いましょう。

b9197dd018d94774705609ddd6866583_s

▼ETCカードを利用する前に注意したいこと

ETCカードを利用する前に確実に使えるかどうか確認は必ず行うようにしましょう。後で改めて触れますが、いざETCゲートを通行しようとして、ETCカードが認識されずにバーに激突してしまった、後続車両に追突されてしまった、等の事故が多発しているからです。そうならない為にも事前のチェックは入念にしましょうね。

①初めての場合、車載器のセットアップを行っているか必ず確認する事
②ETCカードの有効期限の確認(期限間近の古いカードは使わないようにする事)
③車載器への差込み不良がないかチェックする(確実に挿入されているかの確認)
④車から離れる時はカードを抜くことをおすすめ(盗難防止の為)
盗難防止についておすすめしたい記事はこちら⇒http://news.livedoor.com/article/detail/13434210/

以上の事を面倒臭がらずにきちんとやる事が重要です。

▼料金所でエラーにならないように気を付けよう!

ETCカードを車載器に入れた時点ではエラーが出なかったのに、バーが開かない!という場合もあります。その時の原因と対処法です。

①ETCカードの有効期限切れ

上記でも確認ポイントとして挙げていましたが、ここでは「ETCレーンを通るまで気が付かなかったパターン」としてあげておきます。有効期限はあらかじめ確認しておきましょう。

②車載器に挿入していなかった

これもカードが使えない以前の問題なのですが、よくあるパターンです。有料道路に入る前にきちんとカードを入れているかはチェックしておきましょう。

③途中で別のETCカードに入れ替えた

入場時と退場時で違うETCカードを使った場合も当然エラーになります。それでなくても運転中のカードの抜き差しはエラーの原因となる場合が多いので、一度入れたETCカードは有料道路を降りるまでは触らないようにしましょう。

④料金所直前でETCカードを挿入した

「カードを入れるのを忘れてた!」とETCゲートが見えて慌ててカードを車載器に差し込んでも、車載器がカードの情報を読み取るのには時間がかかります。ゲートをくぐるまでに情報を読み込む事が出来ずにエラーになる事があるので、こちらも十分気をつけましょう。

⑤ETC車載器本体の故障

外見上何の問題もなく動作していても実は電波を発信していないなどの故障は絶対に起きないとは限りません。カード挿入のミスではない限り、車載器が壊れている可能性が高いので一度見て貰うようにしましょう。

※入出場ゲート付近での停車は事故に繋がる場合が多いので特に気を付けて下さいね。

▼古いETCカードは早めに処分!

期限切れのETCカードを間違って使用しない為にも、新しいETCカードが送られて来たら直ぐに古いカードは処分してしまいましょう。その際は「細かく刻んで復元できないようにする事」と「一度に同じ場所に捨てるような事はせず、何度かに分けて捨てる事」を徹底して下さいね!情報は思わぬところから盗まれてしまうものです。犯罪に巻き込まれない為にも自衛を怠らないようにする事が大事ですよ!

期限切れ以外でETCカードが使用出来ない事もある!?

前回はETCカード本体の話ではなく、「ETCマイレージサービス」と「ETCマイレージサービスの有効期限変更」についての説明をしましたが、今回は「期限切れ以外でETCカードが使用出来ない事がある」という事例についてお話ししようと思います。

f5fbaf224bcd0835ba3f4be1dd691cbc_s

▼ETCカードが使えない?!その原因とは?

■車載器に入れた時点で読み取りエラーになる場合

いざETCカードを利用しようと思った時に、あれ?使えない!なんて事もまれにあります。そんな時、考えられる原因とはどんなものがあるのでしょうか?ここではいくつかの原因を提示し、その対処方法も含めて調べてみようと思います。

基本的にETCカードを車載器に挿入した時点でエラーになるのは、ICチップの情報を読み取れないことが原因です。簡単に羅列してみると以下の事が考えられます。

①ETCカードのICチップ部分、車載器の読み取り部分の汚損
②カードの挿入方法が逆になっている
③ETCカードのICチップ自体の故障
④ETC車載器本体の故障

まず、大まかな原因を特定する為に問題はETCカードにあるのか、車載器にあるのかを特定しましょう。特定方法は……

・違うカードを変えて車載器に挿入し、読み取りが出来るかどうか試してみる事
・同じカードで別の車載器に挿入してみて、読み取りが出来るか試してみる事

これらを試せば原因はどちらにあるのかおのずと分かると思います。ここで、問題がカードにあるのか車載器の方なのかを特定し、次に「読み取れない原因」を探っていきます。大体は「汚れていて読み取れない」か「傷による破損、もしくはICチップ部分の故障によって読み取れない」かに絞られるので、まずは汚れを落とす事から試してみましょう。

▼ETCカード、ETC車載器の汚れの落とし方

ETCカードの汚れは大抵柔らかな布で拭けば綺麗になります(厄介な汚れがこびりついている場合は無理に擦らずにクリーナー等を試してみましょう)。一方、車載器の方はその構造の複雑さから通常の清掃では綺麗にしにくいので専用のクリーナーを使うようにしましょう。

※車載器クリーナーは現在カー用品店まで行かなくてもホームセンターや通販で手に入れる事が出来ます(大体2,000円弱)車を買ったディーラーに行けば無償で掃除してくれるところもありますので、車検の時にでも一言お願いするのもいいかもしれませんね!

▼カードが読み取れない原因がカード本体にある場合は……?

上記の事を試した結果、まだカードが読み取れない場合はカード本体に問題があります。思い当たる事があればカードを交換した方が無難です。

①カード自体が曲がってしまった
②水に濡れてしまった
③利用頻度が高かったため、磁気が減った

特に③についてはクレジットカードと一体型のETCカードを使う人や、法人用ETCカードを利用していて一枚のETCカードを何人かで使いまわす場合に多い現象です。前者はETCカードを使う時だけ車載器に挿入するため、通常のETCカードよりも抜き差しをする機会が多く、後者は使いまわしをする所為でしょっちゅうカードを車載器に出し入れするからです。こういう場合はETCカードの状態を常に良く確認し「すり減ってきたな」と思った時点で新しいものと交換するようにしましょう。

※ちなみに期限切れ以外の要因によるカードの交換は有償になる場合が多いのでご注意を!

ETCカードの更新方法

前回は有効期限の切れたETCカードの更新費用やおすすめのETCカードを紹介しましたが、今回はETCカードの更新方法を調べてみようと思います。

290b52c657fd6ae3892774f1287b1e29_s

▼自動更新が基本

ETCカードの更新はクレジットカード同様、基本的に「自動更新」となっています。1017年11月末日が期限だった場合、大体期限が切れる一ヶ月位前(この場合は2017年10月)には何らかの形でお知らせが届き、期限前の2~4週間前に新しいカードが登録住所へと送付される仕組みになっています。

クレジットカードと同時にETCカードを申し込んだ場合は、この二つのカードの有効期限は一致しているので特に注意する事はありませんが、ETCカードを後に作った場合や、カード会社によってはクレジットカードとETCカードの有効期限がずれている場合があるので「自動更新だから何もしなくても勝手にカードが送られてくるから大丈夫」と安心しないで、期限は必ず確認するようにして下さいね。

※ちなみにクレジットカ-ドとETCカードの更新期限が同じ場合、先に親カードであるクレジットカードが送られてきて、ETCカードは後日送付と形になる事が多いようです。「同じ期限なのにクレジットカードだけ来てETCカードが来ない!」と慌てずに、新しいクレジットカード到着後、10日から2週間程待ってみましょう。

確認を怠ったために、本来送られてこなければならない筈のカードが送られて来ない事に気づかずにETCカードが期限切れになり、いざETCゲートをくぐろうとしてバーが開かない、という事例は何も珍しい事ではありません(現に私の周りでもそういう人が居ましたし、自家用車やETCの開閉バーを破損してしまった現場も何度か目撃しています)

いざという時に困る事がないように、やるべきことはしっかりとやっておきましょう。

▼自動更新ではなく「更新手続きのおしらせ」が届く場合もある?

通常クレジットカードやETCカードは自動的に新しいカードが届く事によって更新が行われますが、カード会社によっては自動更新ではなく、更新時に手続きをしなければならないものもあるので注意が必要です。

その場合は必ず登録住所あてに「更新手続きのお知らせ」といった内容の書類が送付されてくる筈なので、届いたら直ぐに中を確認し、必要なものがあれば速やかに揃えて返送するようにしましょう(大抵は登録内容の確認なので、書類にチェックするだけでOKです)

それ自体は別に難しい事ではないですが、「あとでいいや」と放置して期限切れになってしまう事も多いので、郵便物のチェックはマメに行うようにしましょうね!