ルールに従うことが横断幕設置するポイント

ココロを掴む横断幕が熱い

横断幕を設置することに決めたら、設置する場所のルールに従いましょう。
ココロを掴む横断幕が熱いのメインimage
ルールに従うことが横断幕設置するポイント

最近は頻繁に見かけるようになった横断幕!応援するグッズとしては定番になっています。

自作することもできますし、比較的リーズナブルな料金でオーダーすることができます。

アーティストや選手からの遠くても応援している気持ちも伝わりますよね、大きな試合なんかではよくみかけます。

オリンピックでも一部の試合でみられましたが、横断幕というのは勝手に設置してはいけないものです。

必ず主催者の許可をとるようにしましょう。

横断幕には設置場所の許可申請などでトラブルがありますが、横断幕に書かれた文字でトラブルが起きることもあります。

▽こんなトラブルも・・・浦和、横断幕解禁へ…昨年3月に差別的横断幕掲出以降は全面禁止

横断幕を使って文字を伝えることは良いことですが、横断幕を見た方が不快な思いをしない言葉選びを心がけましょう。

今回は【ルールに従うことが横断幕設置するポイント】のお話をします。

横断幕を設置することに決めたら、設置する場所のルールに従いましょう。

好き勝手に横断幕を設置してよいことはありません。

場所によっては設置できるエリアに制限があります。

サイズが決まっていたりとかいろいろなルールがあるのです。

せっかくオーダーメイドで横断幕を依頼しても使えないととても残念な結果になります。

横断幕を制作する場合には事前にルールを確認しておくことは必須です。

イメージ通りの横断幕を依頼するにはインターネットでも注文できるところが多いです。

オーダーメイドでなくて、レディーメイドの分いけるならば、さらに安いです。

名前の所だけが空欄で「必勝」の文字が大きかったりします。

手書きで応援している人の名前を書くのも気持ちが伝わっていいものです。

全ての部分をオーダーするのではなくて、素材だけを注文して文字は自分たちで記入する方法もあります。

いずれにしてもルール厳守が大切です。